初めての方へ溶接人通信登録 ステップ別作る調べる触れる・感じる読む参加する

溶接人になるために>STEP3【作品を見てみよう】

鉄で作られた棚受け。その作業工程を分析して、コツをつかんでみよう!
叩く
 

ハンマーで叩いて風合いを出します。叩く、叩かないは自由ですが、叩くことで鉄の質感に味がでることと、叩き方の個性でオリジナル性や自分の作ったものへの愛着がわく瞬間です。

曲げる
 

ここではガスで熱して曲げています。ここまでくると金床(アンビル)もあると便利です。写真のように鉄は熱を加えることで自在に曲げたりねじることができます。ハンマーやテコの原理をうまく使い、形を作りましょう!

繋げる(溶接)

差し金で90度を確認し、仮付けの状態で角度や寸法を再確認して、本付けを行います。溶接機はもちろんSUZUKIDのIMAX80!!軽量で手軽、直流インバータの性能において、アークスタートがスムーズ!機械の性能で技術のお手伝いもアリかもね。最後にアーク溶接の特徴で溶接後にフラックスで溶接ビードに覆われています。付属品のワイヤーブラシできれいに仕上げて完成です。

【直角に仕上げる便利商品】

コーナークランプ、三角磁石 など

Copyright(C) WELDER CO JP All Rights Reserved.