初めての方へ溶接人通信登録 ステップ別作る調べる触れる・感じる読む参加する

溶接人になるために>STEP3【作品を見てみよう】

鉄の枠組みと木で出来た椅子。一見難しそうですが、作業は基本を守れば大丈夫です!
曲げる
   

写真のように丸棒13φ位までなら火を入れずにテコの原理で曲げることができます。

繋げる(溶接)
   

曲げるができたら、仮付けを行いましょう。ここでのポイントは溶接は熱が加わるため、歪みが生じます。写真のように椅子の下部に残材などを利用し、左側からなら左側、右側からなら右側に溶接仮付けをして固定しましょう。後に対面の部分を同様に製作し、最終の形まで仮付けできた時点で仮付けをしていない方向からハンマーで叩いて外して下さい。木の取り付け部分もサイズや強度に気をつけて製作し、溶接の仮付け部分を本付けします。その後、溶接あとが残った部分をグラインダーで削って仕上げます

仕上げる
   

お好みでホームセンター等で販売しているスプレーで塗装をすれば鉄部作業は完了です!

Copyright(C) WELDER CO JP All Rights Reserved.