初めての方へ溶接人通信登録 ステップ別作る調べる触れる・感じる読む参加する
ガスタンクミニの困った?

ご使用中のガスタンクミニについて、日頃寄せられるご質問をご紹介します。

カテゴリ一覧へ戻る
Q1.業務以外での個人的な趣味として、酸素・アセチレンガス溶断作業をする場合、免許証は必要ですか?

必要ありません。
しかし労働安全衛生法及びそれに基づく労働安全衛生規則では、危険業務として定められているため、技能講習の受講をお願い致します。
また技能講習を希望される方は下記のようなところでご相談下さい。
その際、受講料(テキスト代を含む)が必要となります。

  • 各都道府県労働部職業安定課、職業訓練課、雇用保険課
  • 日本溶接協会
  • 高圧ガス保安協会
Q2.業務以外での個人的な趣味として使用する場合、ボンベ容量が少量であれば技能講習終了証は不必要ですか?

ボンベの容量に関係なく不必要です。
しかし労働安全衛生法及びそれに基づく労働安全衛生規則では、危険業務として定められているため、技能講習の受講をお願い致します。

Q3.容器耐圧試験(再検査)期間はどの位ですか?

通常、酸素・アセチレンとも5年です。正確には下記の通りです。

容器保安規則改正後の容器再検査期間表
タンクの種類/施行日 1989年(平成元年) 1998(平成10年)
←3月31日 4月1日→ ←3月31日 4月1日→
シームレスタンク500L以下 (酸素・炭酸ガス・アルゴン・混合ガスボンベ等) 3年毎 5年毎 5年毎
溶接容器500L以下
(アセチレン・プロパンガスボンベ等)
15年未満:3年毎 20年未満:5年 20年未満:5年毎
15〜20年未満:2年毎 20年以上:2年毎 20年以上:2年毎
20年以上:1年毎

Q4.容器証明書とはどんなものですか?

1) ←公称「マルT.Y」マークといいます。
このマークの刻印が容器証明書のかわりとなる新しいマークです。このマークは酸素・アセチレンともに同じマークです。
もちろん容器の大きさには関係ありません。必ずこの刻印が入っているはずです。
2)FX-10250、FAA-57701等は容器記号と容器番号です。
3)金属リング(◎印)プレートのL-011の刻印は、流通段階での所有者番号です。
流通段階での所有者ですので、新品であることには間違いありません。
この流通段階での所有者番号は、他の方法でも表示してある場合があります。
例えば、白または黄のペンキ部分への刻印がそれになることもあります。
この流通段階での所有者番号も必ず入ることになります。

Q5高圧ガス・酸素・アセチレンはどの様なところで詰め替えをしていただけるのですか?

これは高圧ガスメーカーにて行われます。そこに各自持ち込むか、またはその仲介を街の酸素店、
溶材機工店等が行っておりますので、どちらかに依頼することになります。その一部をご紹介します。(→ガス充填所一覧

Q6.詰め替え(充填)は容器を預けてから何日間位かかりますか?

預けた店にもよりますが、だいたい4〜5日位です。
頻繁にご利用される方は、スペアのボンベを購入されておくことをお勧めします。
遅い業者ですと、1週間〜2週間位かかるところもありますので・・。

Q7.詰め替えを販売店で面倒くさがる様なことはありませんか?

そういう事はありませんが、1本単位が少額のため、空容器の預入れからお引取りは各自で行うこととなるでしょう。

Q8.詰め替え単価はどの位ですか?

ガスメーカー、仲介人によって多少違いますが、大体下記のようです。

1)酸素  500L×1  \2,500以下
    〃 1500L×1   〃
    〃  2000L×1   〃
2)アセチレン 0.5kg×1 \2,500以下
    〃     2.0kg×1   〃

Q9.ガスの保管方法はどの様にしたら良いですか?

1)通風・換気がよくて、不燃性の材料でつくった建家などに貯蔵・保管すること
2)可燃物、危険物や腐食性のものの近くに貯蔵しないこと
3)火気、電気機器等点火源となるものの近くに貯蔵せず、またガス容器の貯蔵場所で、点火源となるものを使用しないこと
4)容器の温度を40度以下に保つよう、直射日光にさらしたり、炉の近くへ置かないこと
5)可燃性ガス容器と酸素容器等とは一緒に置かないこと
6)転倒したり、転落したりしないように、固縛、歯止めなどをしておくこと
7)溶解アセチレン容器は立てて貯蔵すること。このとき転倒防止の固縛は忘れないこと

Q10.酸素は燃えますか?

酸素のみでは燃えませんが、火の気があればその燃焼を助ける性質を持っています。それを支燃性ガスといいます。

Q11.アセチレンガスは燃えますか?

アセチレンガスは燃えます。
酸素または空気と混同して点火すると、熱と光を出して燃焼するガスで可燃性ガスといいます。

Q12.溶断できるということは?

可燃性ガスと支燃性ガスとの混合具合で、溶断作業を行う事になります。

Q13.溶断時、混合された時のガスの良い炎の具合とは、どのように見たら良いのでしょうか?

石油ストーブ等の完全燃焼時と同じように、綺麗で薄青い状態がもっとも良好です。

Q14.溶断器具の修理はできるのですか?

酸素アセチレン調整器や溶断器本体は、お預かりしてから10日間位で修理します。
但し、火口等は消耗品として考えられていますので、新品火口をご購入下さい。

Q15.この様な商品は従来どの様なお店で販売されていますか?

酸素ガス、溶材機工具店で倉庫箱入商品として、固定客に訪問販売を主に行われているもので、今日からはDIYの店頭より対面商品として販売していくこととなります。

Q16.溶接機具は全国統一規格品ですか?

そうです。全国溶断器工業会のもとに互換性が得られます。但し、酸素調整器の容器への取付袋ナットのみが、関東と関西で違っていますので、都度確認してください。従って商品受・発注時はA(関東用)、B(関西用)の表示をハッキリとして下さい。

Q17.一般に溶接というとどんな方法がありますか?

「電気溶接」と「ガス溶断(酸素溶接)」に分類されます。
ガス溶断とは一般に酸素アセチレンを使用して、溶接と溶断(切断)を行なうことです。
(切断時に安価のため、プロパンを用いる場合もあります。もちろん、器具はすべて違います。)

Q18.ガス溶接で行う鉄の厚さは何mm位ですか?

ガス溶接の場合は0.6mm〜2mm以下の薄物金属に適しています。

Q19.どの様な金属にガス溶接ができますか?

おもに鉄、ステンレス、真鍮、鋳物、アルミの溶接ができます。

Q20.ガス溶接棒の種類、サイズ、フラックス(溶剤)にはどの様なものがありますか?

溶接棒

Q21.ガス(酸素・アセチレン)は臭いますか?

酸素は無味無臭です。
アセチレンは可燃性ガスのため、漏れていることを知らせるため、都市ガス・LPガスと同じく異様な臭いがつけられています。
気が付いたらすぐに換気を行なって下さい。

Q22.アセチレンは気体ですか?

アセチレンの状態(温度や圧力など)によって異なります。
高圧容器には溶解アセチレンといって、内部の固形マス状(炭の様なもの)に溶剤が浸み込ませてあり、
アセチレンガスを圧入して溶解し、安定化させた状態(液体)になっています。
従ってアセチレンはコックを開けたままで横に倒したりしますとこぼれてきます。
ライトバンの中などでは充分に気を付けて下さい。
なお、酸素は気体です。
バルブをキチンと閉めた場合は、横に倒しても大丈夫です。

Q23.一般に聞くガス化学記号は?

q23_a

Q24.溶接機材店より容器を借り受けたユーザーから、保証金・容器使用量・延滞金・残ガス引止、等の話を聞くのですがどういうことですか?

溶接機材店は、少量ガス使用客に対して特に上記を実施しています。容器の回転率が上がらないため商売にならず、
上客と申し上げられない状況です。従って、ガスタンクミニをお買い上げ願うことによって、販売店に追い求められることなく、
自分の容器を自由に活用することができるのです。

Q25.ガスタンクミニセットは、どの様な需要家におもに喜ばれていますか?

溶接作業を本業としないが、金属加工部を要するあらゆる職業において喜ばれています。

例)電気、ガス、水道、空調、冷暖房、住設機器、厨房、インテリア、エクステリア、会社、諸官庁、商店、ホテル、旅館、自動車、板金、建材、漁船、農業機械等、数え切れない業種のメンテナンスに主要工具の一部として採用されるのです。

Q26.高圧ガス容器の記号は、どの様に理解したらよいのでしょうか?

以下のようになります。
bbb
※耐圧検査を受けたタンクには、その検査機関による刻印があります。

Copyright(C) WELDER CO JP All Rights Reserved.